日本470協会の公式ウェブサイトです。


If you want to contact us, mail toLinkIcon470jp-webmaster@freeml.com

2012.07.28. at Gamagori


1コインレース兼中部学生トレーニングレース【第3シリーズ】は、2mと言う弱い風の中8艇が参加し実施されました。昼になると風が入ってくる蒲郡としては、吹き出しが遅いパターンとなったレースでした。そんな中、今回のレースを征したのは、愛知大学の渡邉雄太/百済裕人組でした。

第1レースは225°、2mの弱い風の中スタートをしました。通常ならスタートを待つ風ですが、そこは1コインレース、練習のために微風でのレースを実施しました。渡邉/百済組は微風の中、風と潮の流れを上手く利用し1マークをトップで回航し、続いて小島/安田組(愛知学院大学)、そして深水/宮澤組(愛知工業大学)が回航していきました。2マークから3マークへ向かうまでは微風の状態が続いたのですが、3マークを回航する頃には大きく風が左に振れ始めたため、2回目の上マークで短縮することにしました。結果、渡邉/百済組(愛知大学)がトップフィニッシュ、続いて小島/安田組(愛知学院大学)、3位に中原/川口組(愛知大学)の結果になりました。

第2レースは、170°、4mの良いコンディションの中スタートしました。1マークをトップで回航したのは、小島/安田組(愛知学院大学)、続いて渡邉/百済組(愛知大学)、川口/佐藤組(アイシンAW)の順で回航し3マークまで同様の順位でレースが展開されました。3マークを回航したところで、川口/佐藤組(アイシンAW)だけが回航後すぐにタックし左海面に展開、この作戦が的中し2回目の1マークではトップに躍り出てフィニッシュしました。2位は中原/川口組と最近検討をしている二人がフィニッシュ、3位に渡邉/百済組の結果となりました。

第3レースは、第2レースと同様のコンディションのなかスタートしました。中原/川口組が1マークをトップで回航していったものの、2マークへ向かう途中で抜かれ、3マークでは、渡邉/百済組(愛知大学)、川口/佐藤組(アイシンAW)、中原/川口組(愛知大学)の順で回航しました。3マーク以降は渡邉/百済組が他の艇を丁寧にカバーしトップでフィニッシュしました。

第4レースも第2レースからの風を引き継ぎスタートしました。スタート時、風が左に振れていたこともあり、ポートタックでスタートした艇もありましたが、すぐにタックして1マークを狙っていました。このレースも渡邉/百済組(愛知大学)が淡々とレースを展開する中、川口/佐藤組(アイシンAW)と中原/川口組(愛知大学)、小島/安田組(愛知学院大学)が絡むレース展開となりました。結局このシリーズを安定して乗り切った渡邉/百済組(愛知大学)がこのレースもトップフィニッシュし、第3シリーズを征する結果となりました。

8月から9月初旬は、中部470選手権大会や全日本学生ヨット個人選手権大会が開催されるため1コインレースはしばしお休みし、次回は9月の連休に開催されます。10月には岐阜清流国体も同海面で開催されることから、多くの選手の参加をお待ちしております。

レポート 石倉俊宏

順位 スキパー/クルー 所 属 順 位 得点

1 渡邉雄太 /百済裕人 愛知大学 1 - 3 - 1 - 1 6

2 中原詩歩 /川口 茜 愛知大学 3 - 2 - 2 - 2 9

3 小島大知 /安田大介 愛知学院大学 2 - 4 - 4 - 5 15

4 川口裕貴 /佐藤翔一 アイシンAW DNS- 1 - 3 - 3 16

5 朝倉由美香/小嶋光稀 愛知大学 4 - 6 - 5 - 4 19