日本470協会の公式ウェブサイトです。


If you want to contact us, mail toLinkIcon470jp-webmaster@freeml.com

2013.05.25-26 at Enoshima

関東470協会 伊藤讓一

 2013年第1回関東470フリートレースが5月25日・26日の2日間、初夏を思わせるような日差しの中、和歌山からの遠征組も交え53艇のエントリーで開催されました。フリートレースは年3回、これに関東470予選、関東470選手権が加わり、ポイントランキングがおこなわれます。(2013ポイントランキング・システムは協会HPをご参照くださいポイントランキングシステム

 今回のフリートレースには社会人有力チームが多数参加しております。女子チームでは吉田/吉岡、松下/田中(ベネッセセーリングチーム)は2ボートでオリンピックキャンペーンをスタート。和歌山遠征組の2チームは市野/島田(和歌山セーリングクラブ)市野選手は2010年全日本470チャンピオン。宮川/内野(Siesta)2011年全日本3位。渡辺/野呂(エス・ピー・ネットワーク)元ナショナルチーム。飯束/八山(エス・ピー・ネットワーク)などです。この有力社会人6チームを中心にレースが展開されました。

 初日は、全艇一斉スタートでおこなわれました。1レース目が東よりの5m/s前後の順風でスタート。レースが終了するにと徐々に風が弱まったので安定するまで待機しました。その後、南の軽風が入ってから2レースおこなわれました。2レース目に鈴木/後藤(明海大学体育会ヨット部)が6位でフィニッシュした以外は、有力社会人6チームが1番から6番まで独占して、学生選手との格の違いを見せつけました。

 レース終了後にはノースセール・ジャパンのセールトリム講習会がおこなわれました。白石氏を講師に470選手以外にも江の島スナイプに参加している選手やレースに出場していない大学生なども交え100人が入る会場に、立ち見の選手が会場の入り口からあふれでるほどになりました。講師の白石氏の他にスリーボンドの松永選手、吉田選手、ベネッセの吉田愛選手、トヨタ自動車東日本の柳川選手などが選手の質問に答えてくれました。柳川選手に関してはフリートレースの最中、レース海面に入り、サポートボートの上から直接選手にアドバイスもしてくれました。


 2日目は初日のレース結果から上位1/4を赤ディビジョンとし、残り3/4を上位の順番から均等になるように青、黄、緑のディビジョンに分け、2ディビジョンの組み合わせでレースをおこないました。赤ディビジョンが入るグループは上位の選手の走りを真近で見てレースをおこない、入らないディビジョンの選手は自身が上位を走るレースを経験できます。

 レースとしては不公平なディビジョン分けですがフリートレースは選手が目標としているレガッタで上位を走る為の練習レースと位置付けています。

 3m/s前後の南の軽風で2レースをおこない、3レース目が6m/s前後の順風そして、最終レースはまた軽風になりました。吉田/吉岡がチーム結成後、まだ動作練習中心にも関わらず男子チームを寄せ付けつけず2-1-1-4-2-1-1で優勝、2位は和歌山から遠征して来た宮川/内野、3位に飯束/八山が入りました。

            優勝 吉田/吉岡組
           2位 宮川/内野組  
           3位 飯束/八山組