日本470協会の公式ウェブサイトです。


If you want to contact us, mail toLinkIcon470jp-webmaster@freeml.com

2011.06.19 at Gamagori

清水/山口(愛工大)が連勝

6月19日(土)、1コインレース兼中部学生トレーニングレース第2シリーズが行われ、大学生を中心に12艇の470が参加しました。また、全6レースを予定していましたが、途中で風が弱くなり今回は、4レースのみの実施となりました。
 天候は雨、はじめは東の風風速5m/s程度だったのが、終了時では2mまで弱くなっていました。

 第1レースは、風速5m/s、風軸110°を中心に20°の振れが繰り返され、選手は風に合わせてコースを選択することが求められました。前回優勝の清水/山口組(愛知工業大学)が第1マー5m/sの風の中でのスタートクをトップ回航し、スピンを展開したものの、すぐ後ろには三品/對木組(愛知大学)がついており、艇速・上り角度も三品/對木組の方が優れていました。これを清水/山口組がうまくケアーして結局このままトップでフィニッシュ、第1レースを征しました。第2レースは、同じく風軸110°、4~5m/sの安定した風のなかでレースが実施されました。このレースも清水/山口組(愛知工業大学)が第1マークをトップで回航すると、後続をどんどん引き離していく一OBと現役学生とのコンビもこのレースならでは方的な展開となりました。
2位~5位は混戦となり、マーク廻航を中心にお互いを潰しあうことにより、トップを走る清水/山口組との間が離れる要因ともなりました。また、最終レグでは、風が左に10°程振ったため、離されていた後続艇が、上位艇に近づく結果となりました。
 第3レースは、風軸105°に変更し、風速4m/sのもとレースを実施しました。リコール3艇ありでスタートしたものの、すべてスタートラインまで戻りリコール解消しました。この中には、清水/山口組を含む上位艇が引っかかったため、少し波乱展開となりました。また、下位艇の艇が良いスタートを切ったことで、第1マークをトップで廻航する場面もみられ、距離が短いコースでは、スタートが重要視されるレースでもありました。また、フィニッシュ手前では、風が左へ30°程振れ、大きくオーバーコースとなる艇も何艇か現れた中、岡本/長谷組(愛知学院大学)がこのレースを制しました。優勝した清水滉司/山口勇矢(愛知工業大学)
 第4レースは、風軸100°でコースを作り直すも80°~100°の間で風が振れ、また風速も3m/s→2m/sに変化するレースとなりました。フィニッシュまで風が持つか心配した展開ではあったものの、最後は3m/sほどの風が入ってきて何とかレースを終了させることができました。それでも2艇がDNFとなる結果でもありました。こんな中、渡辺/百済組が第1マークを廻航し、その後手堅く風の振れをカバーしフィニッシュ、このレースを制しました。また、風が安定していなかった分、上位艇と下位艇の間が1レグほどついてしまうレースとなり、下位艇のレベルアップが求められるレースでした。
最終的には、清水/山口組がこの第2シリーズも制し、2レース続けてのポイントを獲得しました。

レポート石倉俊宏


【上位3チーム成績】
1位 清水滉司/山口勇矢 愛知工業大学 1-1-4-3 5
2位 渡辺雄大/百済裕人 愛知大学   3-4-3-1 11
3位 三品卓也/對木裕之 愛知大学   2-2-6-2 12