2012年国際470級ジュニアワールドレポート(畑山)

日本470協会の公式ウェブサイトです。


If you want to contact us, mail toLinkIcon470jp-webmaster@freeml.com

information.jpg

日本経済大学 畑山絵里 【2012年国際470級ジュニアワールド レポート】

 私は今回のジュニアワールドが初めての海外遠征だったので、日本と違う場所でセーリングをする緊張や不安を抱いていました。とにかく自分の全力を尽くすことしか考えていませんでした。
 レースまでに練習や体の調子を整える時間がたくさんありました。レース期間が長かった為、モチベーションや体力を程良く調節しなければいけませんでした。そういった経験がなかったので自己の体調の管理をする大切さを知ることができました。

 初日は180°~190°、6~7mの風で強弱があって波がなく、ピンダウンに非常に迷うような海面でした。ジブのトリムは大きなパフが入る時以外ぬかず、ジブが開きっぱなしにならないように気をつけました。
 2日目のレースは初日と大体同じ風向であり、また左右の海面では結構なブローの違いがあり、右は陸からのブローで単発的、左はブローがエンドまで続いているように感じました。私たちはスタート後、右のブローで左に展開していく形をとることで、上マークを10番前後で回ることができました。しかし、ランニングで順位を落としてしまいました。ランニングは波がなくてパンピングがしにくく、なかなか思ったようにスピードがでませんでした。
 レース3日目、ニュージーランドに来てから経験していない190°~30°の北風で波がある海面でした。この日はスタートが決まらず、逃げタックをうって右へ展開していく形となりました。とにかく、フレッシュウィンドをとりにいくこと、人の後ろを走らない、かぶせられたらタックすることを意識しました。この日は波がありました。しかし、波にのれる時は乗れるのですが、波長が短くうねっていた為、難しく思いました。
 4日目も3日目と同じような風向、海面でレースの途中で徐々に右へふれていくような感じでした。

hatayama_3.JPG

 大会の印象は、世界と雖も日本と同じ学生で、レース以外では皆、和気あいあいとしていてとても楽しい感じでした。自分も日本人以外のセーラーと初めて話すことができて、すごく興奮しました。
 日に日に緊張が解けて本来の自分の力を出すことができました。しかし、メダルレースは全く別の緊張感に負けてしまい、自分の力を出せずに終わってしまいました。ですが、自分の経験値は非常に上がったと思います。

hatayama_1.JPG

 今後の目標は、ジュニアワールドで出てきた自分の課題を克服すること、強風でしっかり走っていける体力をつけることです。
 最後に、この大会へ出場するにあたって私たちを支援、応援してくださった方々に深く感謝します。本当にありがとうございました。

hatayama_2.JPG

前のページへ

次のページへ

会員登録

日本470協会には会員制度があります。会員になることで470公式レースの参加資格が得られます。

また、2008年度(2008年4月~2009年3月)から、このWEBサイトおよび携帯電話のWEBサイトでのみ日本470協会の会員登録・登録料支払いを受け付けています。

会員登録のページへLinkIcon

クラスルール

国際470級は、クラス規則によって管理されたワンデザインクラスです。国際470級の公平性は、このクラス規則によって担保されています。

クラスルールLinkIcon
トピックスLinkIcon

計測関連トピックス

計測に関連するお知らせ、申請などのトピックス。

LinkIcon計測関連

MC/MF(計測証明書)、艇体新規登録手続き、計測手数料など

MC/MF(計測証明書)、艇体新規登録手続き、計測手数料などなどのトピックス。

LinkIcon計測証明書など

ニュース&トピックス

medal.jpg

470級に関する最新ニュースや各種トピックス。

ニュース&トピックスLinkIcon

公示、その他

470協会から公示、その他の様々なお知らせ。

公示、その他LinkIcon