2012年国際470級ジュニアワールドレポート(磯崎)

日本470協会の公式ウェブサイトです。


If you want to contact us, mail toLinkIcon470jp-webmaster@freeml.com

information.jpg

日本経済大学 磯崎哲也 【2012年国際470級ジュニアワールド レポート】

 今回のジュニアワールドは2回目の出場であり前回の大会では7位だったので今回は3位以内を目標にしていました。今回船はチャーターではなく自分たちの船を持っていくことができ、そして正月に鹿屋で合宿をすることによりニュージーランドにおける強風の対策もでき万全な状態で大会に挑むことができました。

isozaki_1.jpg

 ニュージーランド到着後、練習やプレジュニアワールドに参加することによって風の傾向や海面の状況・特徴などの情報を得ました。また、レース期間が長かった為、疲れを溜めないように自己管理をしっかり行いました。

 レースでは、まず初日は風が5メートルから8メートルで陸風でした。コースの展開としてはまず陸風であったのでブローがあるところを走るようにしていましたが、ブローに一つ乗れないだけで一気に前に出られてしまいそこから挽回をしようとしても他国の人達はコースをはずす事があまりなく差がどんどん広がっていくばかりでした。
 また、スピードの面においては、良いポジションでスタートをする事ができても上りころされたり上突破され他国の人達に比べたらまだスピードが足りていないと感じました。
 強風においては自分の体重不足や技術不足があり、自分の欠点だと痛感しました。
 2日目からも展開についていくことができずなかなか前を走ることができなかったです。他国の人達はタクティクス、ストラテジーがうまくコースでも自分達が前にいてもどんどん抜かれ逆に自分達が後ろの方を走っていたら前の艇をなかなか抜いていくことができなかったです。

 今回のジュニアワールドは参加艇数が昨年より少なく、男女同時スタートという形で日本のフリーとレースと似ている印象を受けました。しかし、日本のレースと違うところは、風がちゃんと安定してからD旗を掲揚するところだと思いました。
 今回風待ちが何度かありましたが、運営が海上の風の情報をしっかり把握していて海上待機がほとんどなかったです。
 今回の目標は3位以内に入ることでしたが結果は昨年より悪い結果になってしまい目標に達することはできなかったですけど、今自分に足りないものがたくさん分り今後自分がうまくなれるヒントを得ることができました。これからも自分に負けず技術の上達を目指します。

isozaki_2.JPG

今後の目標は、再びジュニアワールドに挑戦し今度こそメダルを獲得することです。今大会に参加するにあたり応援してくださった方々にお礼申し上げます。ありがとうございました。

isozaki_3.JPG

前のページへ

次のページへ

会員登録

日本470協会には会員制度があります。会員になることで470公式レースの参加資格が得られます。

また、2008年度(2008年4月~2009年3月)から、このWEBサイトおよび携帯電話のWEBサイトでのみ日本470協会の会員登録・登録料支払いを受け付けています。

会員登録のページへLinkIcon

クラスルール

国際470級は、クラス規則によって管理されたワンデザインクラスです。国際470級の公平性は、このクラス規則によって担保されています。

クラスルールLinkIcon
トピックスLinkIcon

計測関連トピックス

計測に関連するお知らせ、申請などのトピックス。

LinkIcon計測関連

MC/MF(計測証明書)、艇体新規登録手続き、計測手数料など

MC/MF(計測証明書)、艇体新規登録手続き、計測手数料などなどのトピックス。

LinkIcon計測証明書など

ニュース&トピックス

medal.jpg

470級に関する最新ニュースや各種トピックス。

ニュース&トピックスLinkIcon

公示、その他

470協会から公示、その他の様々なお知らせ。

公示、その他LinkIcon